« 満開 | トップページ | 煙突コレクション »

2008/10/14

ゴミ処理場をめぐる

自転車生活を始めると、今までは何とも思わなかったものが妙に気になるようになってきます。

Rimg0082_2
↑今は亡き、二枚橋処理場の「紅白煙突」


そのひとつが「鉄塔」。意識するようになったきっかけは「鉄塔武蔵野線」を読んだことでした。

で、もうひとつが「ゴミ処理場の煙突」です。まったく意図しないことながら、なぜかゴミ処理場の近くを漕いでまわることが多いのです。本日はネタがないこともあり、撮りだめた珠玉の(笑)ゴミ処理場のご紹介をしていこうかと思います。

最初に「ゴミ処理場」を意識したのは、味スタへ行く途中にある二枚橋のゴミ処理場でした。きっかけは、TVで「小金井市のゴミ処理問題」というニュースを見たこと。施設が老朽化して取り壊しが決定していると知れば、写真でも撮っておこうと考えるのはいうまでもありません(笑)。

最近のゴミ処理場の煙突はすべて背が高く巨大なものなのですが、二枚橋処理場の煙突は紅白に塗り分けられた細くてこじんまりとしています。なるほど、この煙突を備えた焼却炉では、いろいろなものを燃やしきれないのかもしれません。現在は煙突は取り壊されてしまいましたが、処理場は廃墟のようになって今も残っています。

ここ二枚橋では、府中・調布・小金井各市のゴミを焼却していましたが、府中市と調布市は別途に新たな処理施設を建設中、小金井市は対策が遅れたために近隣の3つの衛生組合に支援を依頼して、市内の家庭ゴミを焼却しています。で、いずれの処理場も、私が自転車でよく通るところばかり。これって偶然!?


Rimg0005
↑国分寺市の清掃センターの煙突


小金井市のゴミ支援をしている処理場その1は、国分寺にあります。車嫌いの私は府中街道を走るのも大嫌い……というわけで、裏道としてこの処理場の横の道を使っているのでした。ゴミ処理場と武蔵野線の線路にはさまれた細い道で、列車の写真を撮ろうと脚立に乗って待ち構えている人が絶えない場所でもあります。

ゴミ処理場では、常に臭いや大気汚染などの副産物の発生が問題視されます。そのため、ことさらに周囲の環境に気を配ったり、木や花を植えたり、付帯施設などをつくったりしているところも珍しくはありません。国分寺の処理場の横にもソメイヨシノの並木があって、春にはきれいな花を咲かせているのです。


Rimg0036
↑小平市内にあるゴミ処理場の煙突


小金井市を支援する処理場のその2は、小平市・東村山市・東大和市3市のゴミを引き受けている「小平・村山・大和衛生組合」。ここは玉川上水と野火止用水(暗渠)にはさまれた場所にあって、いつも立川方面へ行くときに通る道沿いにあります。なかなか地域密着(?)が盛んなところで、この連休には「えんとつフェスティバル」なんていうイベントも開催されておりました。


R0011210
↑真冬の平日昼間の写真ですが、大盛況です


昨年には、ゴミ焼却炉の余熱で温めた地下水を利用して「こもれびの足湯」という無料施設がオープン。何度か見物に行ったことがあるのですが、玉川上水を散歩する人々で常に大賑わい。売店では温かい飲み物や菓子パンが売られていて、なんだかすぐ隣がゴミ処理場とは思えない繁盛ぶりなのです。真冬のサイクリングのついでに寄ってもいいかな?と思いつつ、まだ利用したことはありません(いつも混んでるし)。


なんだか長くなってしまったので、残りのゴミ処理場についてはまた次回。いや~、自転車に乗っていると、いろいろなことが気になるものです(笑)。

|

« 満開 | トップページ | 煙突コレクション »

コメント

お久しぶりです
「こもれびの足湯」は、聞いたことはありますが
まだ行ったことがありません。
混んでいるのですね。今度行ってみようかな?

↓アシナガバチの巣ですが…
うちの駐車場の隣(お隣の屋根の軒下)と
お向かい(空家)の、屋根の中(壊れて軒材がはがれている)に
アシナガバチが巣を作っていました。
どちらも、蜂の飛ぶ動線と、人間が通る動線がぶつからず、
だいぶ高いところにあるので、
駆除はせず見守りました。最近働き蜂も見かけなくなりました。

先日、庭で、木にとまっていた芋虫を、
アシナガバチがとらえ、石の上に叩きつけ、
噛み切って肉団子にして巣に運んでゆく様子を目撃しました!(家の中から)
そういうわけで、ちゃんと害虫退治してくれているので、
私も、人間が通るような場所でなければ、巣を作られても見守るようにしています。

投稿: ここあ | 2008/10/14 16:32

ごみ処理場特集とても参考になりました。

ごみ処理ではありませんが,下水処理場としてその超高度処理水を流している根川緑道も似たような事情で桜並木で整えられた緑道になっている点で共通していると思いました。

自転車だと自動車では気にならないところが気になってくるものですよね。
歩いていたらこんなにたくさんのごみ処理場はめぐれないですから,これも自転車のおかげと言うわけです。


投稿: nekki5149 | 2008/10/14 20:58

ここあさん、お久しぶりのコメントをありがとうございます。

アシナガバチの捕食シーンを間近で見るなんて、貴重な体験ですね。わが家も毛虫芋虫には悩まされておりますので、アシナガバチさんたちをもっと大事に扱ってあげないといけないかもしれません。というわけで、今もまだ静観しております(なまけているだけなのかも)。

「こもれびの足湯」はしばらく行っていませんが、また様子を見てこようかな。ご老人と赤ちゃん連ればかりなので、ちょっと居心地が悪いのです(笑)。

投稿: つぴぃ | 2008/10/15 00:25

nekki5149さん、コメントありがとうございます。

わが家にいちばん近い水場の「野火止用水」も、根川と同じく純化した下水処理水を流しております。自然の水ではないかもしれませんが、私が子供のころは臭くてたまらないドブ川だったのに、今ではカワセミが訪れる清流になったのですからありがたいことだと思っています。

徒歩だと、自転車とは違った視点が見つかるのかもしれませんね。今のところ、私は自転車ばかりなのですが。

投稿: つぴぃ | 2008/10/15 00:28

足湯、こんな近くにあるのに全く知りませんでした。朝早くなら混んでないのかなぁ。行ってみたいです。

投稿: nuruhati1559 | 2008/10/15 06:55

nuruhatiさん、コメントありがとうございます。

実は最近は行っていないので、混んでいるのかどうかもわかりません。駐車場はありませんが駐輪場はありますし、ちょっと一休みするにはいいかも。

投稿: つぴぃ | 2008/10/15 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満開 | トップページ | 煙突コレクション »