« 煙突コレクション | トップページ | 明日は大分戦 »

2008/10/16

代表戦に思うこと。

W杯アジア最終予選 日本VSウズベキスタンは1-1のドロー。

日本代表には、何が何でも2010年のW杯に出場してもらいたいと思っている。なぜなら、われわれには「味スタを満員に」するという使命があるからだ。そのためにはJリーグにもっとお客さんが来てくれることが必要だし、そういったライトなファン層をスタジアムへ呼ぶには、日本代表が活躍してくれることが近道なのだ。

ところが結果は、ホームで1-1のドロー。しかも、内容ときたら、とんでもない「がっかり」サッカーである。こんな試合をしているようでは、「代表が頑張ってるから、初めてJでも見に行ってみようかな」なんていう客が増えるとは到底思えない。同日、オーストラリアがホームで快勝しているのに比べると、なんだか悲しくなってくる。

だが、「がっかり」「悲しい」と書く一方で、心のどこかには妙な期待感があった。「これを機に、監督が代わってくれないかな」と考えていたのである。

思えば、オシムさんが監督をしていたころは、ウチの選手たちが代表に召集されても嘆いたり怒ったりはしなかった。「きっと何か吸収してきてくれるだろう」「代表で学んだことを、クラブに還元してほしい」と素直に期待していたのである。

ところが今は違う。代表に呼ばれると、壊されるか、試合勘を失って戻ってくる。クラブにとってはプラスになるどころか、マイナスになるだけだ。代表に呼ばれることは名誉でもあり、選手たちにとっては夢でもあるだろうから応援はしたいのだが、ことごとくその気持ちを裏切られているのが実情なのだ。

前半で失点したとき、「この際、ホームで負けてくれれば監督が更迭されるかも」「監督を交代させるなら、今がチャ~ンス!」と思っていた。同点に追いついた時点で「ドローならさすがにクビはないか」と、別の意味でガッカリしていたりして……。

岡田監督がこのまま指揮をとりつづけても、よほどとんでもないことでも起きない限りは、日本はW杯には出場できると思う(これだけ恵まれたアジア枠にすら入れないとしたら、それこそW杯に行く資格がないということだ)。ただ、その先はどうなのか。またグループリーグで敗退するのだろうか。岡田監督には恨みも何もないけれど、彼のままではたぶんグループリーグは突破できないと思う。

だから、監督を交代させるなら今のうち、と思ってしまうのだ。

「代表で学んできてほしい!」と、クラブサポが喜んで選手を送り出せるような、そんな日本代表になってほしいのだ。

そんな日は、いつか来るのだろうか。

|

« 煙突コレクション | トップページ | 明日は大分戦 »

コメント

駒野がいるのに左SBがなんで阿部、という違和感がありました。阿部は良い選手ですが、SBのタイプではないでしょう。案の定、左サイドの攻撃は不発。

FWは、サブを含めて全員小柄なスピードタイプ。長身DFが揃う相手に徹底的に裏を狙う作戦なら理解出来ますが、サイドを塞がれて苦し紛れの遠目からの放り込みを跳ね返される、の繰り返し。

せめて終盤のパワープレー要員に、巻を入れていればねぇ。

どうも岡田監督、相手をやり方を読み間違えたようですね。

もっと別のやり方があったと思うと、本当に不愉快な引き分けでした。

投稿: コタツねこ | 2008/10/17 12:42

ウズベキスタン戦はTV観戦してましたけど、ほんとに観てて、「つまらない」試合でしたねぇ。いや、憲剛が出てなかったせいというのもありますが(^^;)。でも、さっき見たスポーツ紙のサイトによれば、南アフリカまで岡田監督の解任はないと、犬飼会長がおっしゃっていたとか。はぁ……。

投稿: MIKA | 2008/10/17 13:00

コタツねこさん、コメントありがとうございます。

そういえば、選手の選び方もなんだかちぐはぐでしたね。

最近は、代表戦のチケットを買おうとはまったく思わなくなりました。高い金額を払って不愉快な気分になるだけですもんねえ……。

投稿: つぴぃ | 2008/10/17 21:23

MIKAさん、コメントありがとうございます。

中村憲剛選手が出ていれば、もう少しはマシだったかもしれませんね。

ウチの選手なんかベンチにもいませんでしたが。もうひとりは例によって壊されて戻ってきたし……。ホント、なんとかしてほしいです、代表。

投稿: つぴぃ | 2008/10/17 21:25

埼スタ行ってきましたが、ガッカリでした。
パスの精度は悪いし、バックパスは多いし。ディフェンスの不安定さにずっとハラハラしどおし。
あとで知ったんですが、ピッチを刈り込んで水をまきホームアドバンテージを生かそうとしたが、そのピッチに日本のほうが慣れていなかったとか。本末転倒ですね。
結局、一番動いたのは俊介で、彼が愛情のないパスで走らされる羽目に。
代表のちぐはぐさは、東京の悪いときのように思え、悪口言うの控えました。
ウズベクの左サイドバックをしていた14番デニソフという選手が、気持ちの入ったプレーをやっていて、日本の右サイドからの攻撃を潰していた。敵ながら印象に残りました。

投稿: くらわば | 2008/10/18 05:28

くらわばさん、コメントありがとうございます。

埼スタにいらっしゃっていたのですか。お疲れさまでした! こういう試合を見せられると、帰路がよけい長く感じられたことでしょう。

私自身、代表に対する気持ちがほとんどなくて、自分でビックリしています。これじゃ批判する資格もないなあと思ったりもするのですが……。

投稿: つぴぃ | 2008/10/19 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 煙突コレクション | トップページ | 明日は大分戦 »