« 東京ネタいろいろ | トップページ | 日々是多摩湖 »

2009/02/11

代表戦は痛恨のドロー

W杯アジア最終予選 日本VSオーストラリアは0-0のドロー。

2月の寒いナイトゲームにもかかわらず、久々のチケット完売で盛り上がった本気のW杯最終予選。対戦相手はアジア最強を争うオーストラリアとあって、ホームゲームであるだけに勝ち点3が欲しかった。負けなくてよかったのかもしれないけど、最終予選のホームゲームで勝てない現実というのは後になって重くのしかかってくるはず。

もちろんオーストラリアの選手は皆身長が高いのだが、そのことばかりを強調して伝えるマスコミは何なんだろう。背が高ければ勝てるのなら、どこの国もバスケットボールのチームみたいなメンツになってしまうはず。それに、背が低いことを嘆いてもにわかに10センチ伸びるわけではないのだし。

確かに、背の高いディフェンダーがいれば、サイドからのクロスにあわせてゴール!という作戦が通用しづらいということはあるだろう。そうでなくても精度が足りないのだから、ますます決定力に欠けてしまうのだ。日本は愚直にクロスを上げつづけていたけれど、もっと他の方法を考えたほうがよかったのでは!?とシロートな観戦者は思ってしまうのね~。

少し前までは、「オーストラリアではサッカーの人気がないので代表もイマイチ」という印象だったのに、報道ではいつのまにやら「世界の強豪」になってしまった。日本代表が停滞しているうちに、本気で強化をしている他国はどんどんわれわれを追い抜いていく。代表人気の低下を嘆くのなら、代表を強くして「こんなに強いのなら見たい」と皆が思うようなチームをつくることのほうが重要なんじゃないかな。

首都圏に住んでいながらチケットを取ろうともせず、寒いスタジアムで震えながら応援することもなく、ぬくぬくと一杯やりながらTVを見ているだけの私には、批判する資格はないんだけどね……。

あ、試合前にオーストラリアの山火事に対する黙祷をしたのはよかったと思う。黙祷がなかったら、それこそ「世界基準」じゃないと不満に感じただろうから。

一方のわれらが東京は、等々力で行なわれた川崎との非公開試合で「4-1」での大敗だそうな……。昨年のこの時期の非公開試合でもこてんぱんにされていたので、特に驚くことはない。自分たちの問題点や課題が浮き彫りになっただろうし、これを糧にして第二次キャンプに生かしてほしいな。


で、個人的にごひいきのチェルシーは、スコラーリ監督をクビにしたと思ったら、ロシア代表監督のヒディンクを招いてしまった。いや~、金融危機で兆単位の損を出していると噂されながらも、油様はやるときはやるね(笑)。

それにしても、最近のプレミアは監督をやめさせるのが早すぎ。シーズン途中に別のクラブの監督を引き抜くのも当たり前なので、だんだん誰がどこの監督をやっているのかわからなくなってくるくらいだ。スコラーリのチェルシーも開幕当初はものすごく良かったのだし、低迷期を乗り切れば何とかなると思ってたんだけどなー。ヒディンクがチームをどう立て直すのか、実に興味津々。週末のFAカップが楽しみだ。

|

« 東京ネタいろいろ | トップページ | 日々是多摩湖 »

コメント

きのうの試合、憲剛なんて、ベンチ外ですよsweat01
新横浜に行ってなくてよかったと思ったフロサポ多数いた模様coldsweats01

それにしても新聞記事によると、あの寒さのなか、ビールがオージーたちには
飛ぶように売れたとか。
一方、日本人サポは、あったかいコーヒーを買い求めていた由。
身体能力がぜんぜんちがう~と思ったわたしでしたcoldsweats01

山火事への黙祷、そして義捐金の呼びかけもあったらしいですね。
そういうところはよかったと思います。
小学生合唱団による君が代も、なかなかよかったです。

と、なるべく、試合外のことをコメントしたくなる試合でしたsweat01

投稿: MIKA | 2009/02/12 16:23

MIKAさん、コメントありがとうございます。

そういえば、中村憲剛選手がスタメンじゃなかったんですね。海外組がいてもスタメンだった人ですし、よくわからない……。

入場時、ウィンドブレーカー着用の日本人選手に対して、オーストラリア人の一部は半袖ユニでしたからねえ。寒さの感じ方が決定的に違うんだろーなーと思って見てました。

投稿: つぴぃ | 2009/02/13 02:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ネタいろいろ | トップページ | 日々是多摩湖 »